【ソウル時事】韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は27日、米国のバイデン次期政権発足を控え、北朝鮮が最近、米国を刺激する対応を控えるよう在外公館に指示したと明らかにした。聯合ニュースが報じた。
 国情院の報告を受けた国会議員が明らかにした。この議員によると、「発言に気を付けろ」という指示が出ており、問題が起きた場合、大使の責任を問うと警告したという。 

(ニュース提供元:時事通信社)