厚生労働省は27日、新型コロナウイルス患者用の病床使用率(25日時点)について、15都道府県で25%以上になったとの集計結果を公表した。感染拡大が2番目に深刻な「ステージ3」の水準に達したことを示している。病床の逼迫(ひっぱく)具合は一部地域では極めて深刻になっており、医療現場の負担が増大している。
 前回集計の18日時点で25%以上だったのは北海道、埼玉、東京、愛知、大阪、兵庫、奈良、岡山、沖縄の9都道府県。1週間後の25日時点では栃木、群馬、千葉、長野、静岡、三重の6県が加わった。
 病床使用率は兵庫が最も高く68%で、大阪(55%)、北海道(47%)、埼玉(44%)、愛知(43%)、沖縄(42%)、東京(40%)などが続いた。
 連日最多を更新する重症者用の病床使用率は、4都府県で25%を超えた。東京が50%で最も高く、大阪(49%)、沖縄(40%)、兵庫(29%)が続いた。北海道は10%だった。 

(ニュース提供元:時事通信社)