観光庁は27日、観光支援事業「Go To トラベル」で、札幌市や大阪市に居住する人が既に予約している12月15日出発までの旅行は、同月7日まで無料でキャンセルできるようにすると発表した。7日までに解約を受けた旅行・宿泊事業者には、政府が代金の35%を補償する。
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が両市出発の旅行を12月15日まで自粛するよう要請したのに伴う措置。新規予約は行わないよう呼び掛ける。既存の予約を同月8日以降にキャンセルした場合は解約料が発生する。
 ただ、両市出発の旅行は自粛要請にとどまるため、トラベル事業の支援対象から外れることはない。
 政府は両市を目的地とする旅行を24日~12月15日、支援対象外とすることを決定。新規予約は停止し、既存予約は12月3日まで無料でキャンセルできるようにした。 

(ニュース提供元:時事通信社)