【パリ時事】新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて2度目の外出制限を実施中の欧州で、規制緩和の動きが出ている。フランスは12月15日に全土で、英国も同月2日にイングランド全土で終日の外出制限を解除予定。「クリスマスを家族と過ごせるように」(マクロン仏大統領)との配慮だが、時期尚早と懸念する声も上がる。
 キリスト教徒が多い欧州では、クリスマスは日本の正月と同様、家族が集まる1年で最も重要な祝日だ。一方、大みそかは1年の終わりと新年の始まりを祝い、友人同士で夜通しパーティーに興じる人が多い。春に続く外出制限で人々のストレスはピークに達しつつあり、制限解除を求める声が各地で上がっていた。