百五銀行は30日、フィンテック向けのサービスなどを手がけるカウリス(東京都千代田区)が開発した銀行口座などへの不正ログインを検知するサービス「FraudAlert(フロードアラート)」を新たに導入したと発表した。同行が運用する個人向けインターネットバンキングのセキュリティーを強化し、不正ログインによる送金やマネーロンダリング(資金洗浄)などの防止につなげる。 

(ニュース提供元:時事通信社)