経団連は1日、5月に策定した新型コロナウイルスの感染予防対策に関する企業向けガイドライン(指針)を改訂したと発表した。冬季の対策として、小まめな換気や、飛沫(ひまつ)の飛散抑制のため職場内の保湿に努めることを追記した。
 経団連など経済3団体と西村康稔経済再生担当相が同日行ったテレビ会議に合わせて公表した。改訂指針では、不急の場合は見合わせるとしていた出張について「地域の感染状況や出張先の感染防止対策に注意する」とし、対策を徹底した上で行えるよう変更した。洗った手を乾かす「ハンドドライヤー」の利用再開は協議中とした。
 経団連の古賀信行審議員会議長は会議で、「エビデンス(証拠)に基づいて、不合理なものは改訂していかないと社会が回らない」と述べ、今後も状況に合わせて指針を見直す考えを示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)