百貨店大手4社が1日発表した11月の既存店売上高(速報)は、前年同月比1~2割減少した。新型コロナウイルスの感染再拡大が響き、大都市圏の大型店を中心に客足が遠のいた。10月は2社がプラスを確保したが、11月は消費税増税の影響で販売が低迷した前年同月実績にも届かず、4社ともマイナスとなった。
 大丸と松坂屋を傘下に持つJ・フロントリテイリングは20.6%減、三越伊勢丹ホールディングスは12.5%減、高島屋は11.3%減、そごう・西武は11.1%減だった。 

(ニュース提供元:時事通信社)