【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は1日、新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、米製薬大手ファイザー陣営と米バイオ医薬品企業モデルナから販売承認の申請を受けたと発表した。いずれも米当局には緊急使用許可を申請済みだが、EUへの申請は初めて。ファイザー陣営は日本でも近く申請する計画だ。
 EMAは、ファイザーと独バイオ医薬品企業ビオンテックが共同開発するワクチンを遅くとも今月29日に、モデルナのワクチンを遅くとも来年1月12日に、それぞれ承認の可否を判断する。EMAが承認を勧告すれば、欧州委員会が直ちに最終決定する見通しだ。
 欧州委はファイザー陣営との契約で最大3億回分のワクチンを確保済み。モデルナからも最大1億6000万回分を購入する。EU加盟各国は販売承認後、人口比に応じて自国分のワクチンを発注する。 

(ニュース提供元:時事通信社)