横浜市立大の山中竹春教授らの研究チームは2日、新型コロナウイルスに感染し回復した376人について、感染から半年後に採血し、再度の感染を阻止する「中和抗体」があるか調べたところ、98%が保有していたと発表した。感染から1年後の時点でも中和抗体があるか、引き続き調べる。
 コロナウイルスの仲間は種によって免疫の持続期間が長短あり、新型の場合は不明。国内最大規模の調査により、少なくとも半年続くとみられることが分かった。
 山中教授は記者会見で「一般に中和抗体を保有する人が再感染するリスクは低いと考えられている」と説明。国内外で開発中のワクチンの感染予防効果がどれぐらい続くかについては、「自然感染による免疫とワクチンによる免疫は必ずしも同一ではないが、ワクチンに一定の期待を持たせる」と話した。 

(ニュース提供元:時事通信社)