【ロンドン時事】英政府は2日、医薬品・医療製品規制庁(MHRA)が米製薬大手ファイザーと独バイオ医薬品企業ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスのワクチンを承認したと発表した。コロナワクチンの承認は先進国で初めて。英国では来週から接種を開始する。約150万人の命を奪い、世界経済を不況に陥れたコロナ禍は大きな転機を迎えた。
 来夏に東京五輪・パラリンピックの開催を控えた日本も早期に承認する方針。加藤勝信官房長官は「申請があった場合は有効性、安全性を確認の上、承認していく」と語った。米国は10日までに、欧州連合(EU)も29日までに認可する予定で、今後同様の動きが各国で相次ぐとみられる。
 ファイザーのワクチンは臨床試験(治験)の結果、95%の効果を示し、安全性にも問題はなかった。日本政府はこのワクチンに関して、来年6月末までに1億2000万回分(2回接種で6000万人分)の供給を受けることで合意している。 
〔写真説明〕米製薬大手ファイザーと独バイオ医薬品企業ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンのイメージ写真(AFP時事)
〔写真説明〕新型コロナウイルスのワクチンを取り扱う、米製薬大手ファイザーの拠点作業員=米ミシガン州カラマズー(同社提供)

(ニュース提供元:時事通信社)