【ロンドン時事】新型コロナウイルス対策で英イングランド全土に敷かれていた2度目のロックダウン(都市封鎖)が2日解除され、地域ごとの感染状況に応じた警戒制度が再導入された。クリスマスを前にある程度の「自由」が戻るが、経済活動再開による感染再拡大も懸念され、政府は規制順守を呼び掛けている。
 警戒制度は3段階に分類され、大半の地域では最高度もしくは高度の厳しい規制が続く。ただ、デパートなどの店舗は再開され、最高度に指定された地域を除く自治体ではレストランやパブも営業が許可された。2日、ロンドンなど各地の繁華街には買い物客の姿が戻り、開店前から行列ができる店もあった。警戒度は2週間ごとに見直される。 

(ニュース提供元:時事通信社)