菅義偉首相は3日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長と首相官邸で会談した。首相は、全国的な感染拡大の状況などについて説明を受け、尾身氏と危機感を共有した。
 尾身氏はこの中で「日本の社会全体が一つの方向性を向けば、危機的な状況を回避できる可能性もある。みんなで頑張ることが必要ではないか」と指摘。首相は賛意を示したという。
 会談後、尾身氏は記者団に「今の感染状況と、どうしたら比較的早く沈静化できるか、われわれの考えを申し上げた」と強調。その上で「今が大事な時だということは十分、首相も理解していると思う」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)