新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けている飲食店への支援策「Go To イート」キャンペーンについて、政府・与党がプレミアム食事券発行事業の実施期間を延長する方向で検討を始めたことが3日、分かった。食事券の追加発行も行う。延長期間や追加規模などを詰め、2020年度第3次補正予算案に必要額を計上する。
 食事券は都道府県ごとに発行され、10月以降、順次販売が始まった。1万円で購入すれば1万2500円分の飲食ができる。現在の利用期限は来年3月末だが、東京都や大阪府など10都道府県では感染が再拡大しており、販売を一時停止している。
 飲食店のネット予約に対するポイント付与事業は616億円の予算上限に達し、終了した。新たな予算要求はしない。 

(ニュース提供元:時事通信社)