東京都の小池百合子知事は4日の定例記者会見で、赤羽一嘉国土交通相が観光支援事業「Go To トラベル」を来年6月末まで延長する意向を表明したことについて、「新型コロナウイルスが落ち着いた時に楽しく旅行いただけるというメッセージだ」と歓迎する考えを述べた。
 感染拡大を受け、都は高齢者と基礎疾患のある人に旅行を一時控えるよう求めている。小池氏は「キャンペーンが安全安心の下で行われると同時に、(延長により)経済効果にも配慮されていると思う」と語った。
 都が飲食店への営業時間短縮を今月17日まで要請していることについては「大多数(の店舗)がご協力いただいている」と説明。「時短の効果が表れるには一定期間を要するため、17日までとまず定めた。長々続けるつもりはない」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)