大阪府の吉村洋文知事は5日、読売テレビの番組で、新型コロナウイルスの重症患者らの増加に対応するため、自衛隊に看護師の派遣を打診していることを明らかにした。吉村氏は「自衛隊の中にも看護師はいるので『何とかなりませんか』と(打診を)始めている」と述べた。
 府は15日から重症患者を専門的に受け入れる「大阪コロナ重症センター」の運用を開始する予定だが、看護師不足の状況が続いている。吉村氏は「全国知事会、関西広域連合にも(派遣を)お願いし、自衛隊にもお願いすることで、ありとあらゆる手段を尽くして何とか1床でも多く動かしたい」と話した。 

(ニュース提供元:時事通信社)