【ニューデリー時事】インドの民放NDTVは6日、米製薬大手ファイザーが新型コロナウイルスワクチンの緊急使用許可をインドの薬品規制当局に申請したと報じた。人口13億人超のインドは、新型コロナの累計感染者数が約965万人と米国に次いで多く、死者も14万人を上回っており、ワクチンの需要は大きい。
 NDTVによれば、申請は4日。関係筋は、ファイザーが昨年成立した特例を活用し、インド国内での臨床試験(治験)なしでの使用を求めたと語った。
 一方、ファイザーのワクチンは零下70度で保管・流通させる必要がある。政府高官は、既存の予防接種のための搬送ネットワークを生かせると主張するが、冷たいまま届ける「コールドチェーン」の欠如を懸念する専門家の声が相次いでいる。 

(ニュース提供元:時事通信社)