【ソウル時事】韓国政府は6日、新型コロナウイルス感染の「第3波」が拡大しているとして、ソウル首都圏の防疫対策レベルを8日からさらに引き上げると発表した。5段階のうち上から2番目となる水準で、28日まで実施する。
 政府によると、首都圏には、ここ1週間の全国の新規感染者の7割が集中。6日には1日当たりで過去最多となる470人の感染が確認された。丁世均首相は6日の対策会合で「現在、最大の危機に直面している」と警戒を呼び掛けた。
 レベル引き上げにより、50人以上の集会が禁止され、スポーツ観戦は無観客試合となる。政府の措置に先立ち、ソウル市では既に午後9時以降の飲食店などの営業が制限されている。 

(ニュース提供元:時事通信社)