【北京時事】中国外務省の華春瑩報道局長は7日の記者会見で、ポンペオ米国務長官が中国政府の出資による文化交流プログラムについて「プロパガンダの手段だ」として打ち切りを発表したことに反発し、報復措置を示唆した。
 華氏は、打ち切りに関し「中国の政治体制に対する悪質な攻撃に断固反対し、強く非難する」と表明。さらに「中国は必要な措置を取り、自らの主権、安全、発展の利益を断固として守る」と語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)