【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正党第1副部長は8日の談話で、北朝鮮の新型コロナウイルスの感染状況をめぐり韓国の康京和外相が「後先を考えずに妄言を吐いた」として、「凍り付いた北南関係にさらに冷たい冷気を吹き付けようと躍起になっている」と批判した。
 康氏は国際会議に出席した際、北朝鮮が新型コロナの感染者がいないと主張しているにもかかわらず、防疫態勢を強化していることに疑問を呈していた。与正氏は「下心がはっきりうかがえる。(康氏の発言を)われわれはいつまでも記憶するであろうし、恐らく正確に清算されるべきであろう」と警告した。 

(ニュース提供元:時事通信社)