原子力規制委員会の更田豊志委員長は9日の規制委定例会合で、関西電力大飯3、4号機(福井県)の設置変更許可を取り消した4日の大阪地裁判決について、「安全性の確保については必要かつ十分な根拠がある。規制委の判断には自信を持っている」と述べた。
 大阪地裁は4日、想定される地震の揺れ(基準地震動)を策定する際に用いる、震源断層の大きさと地震規模との相関関係を示す「経験式」について、平均値を上回る「ばらつき」による上乗せの必要性を検討しなかったのは「看過し難い欠落がある」として、許可を取り消した。 

(ニュース提供元:時事通信社)