農林水産省は10日、大分県佐伯市と和歌山県紀の川市の養鶏場で致死率の高い高病原性とみられる鳥インフルエンザが発生したと発表した。これにより、養鶏場での感染は香川、福岡、兵庫、宮崎、奈良、広島に続き、全国8県に拡大した。
 佐伯市の養鶏場では関連施設を含め約5万6000羽、紀の川市では約6万7000羽が飼育されている。大分、和歌山両県がそれぞれ養鶏場からの通報を受けて簡易検査を実施したところ、陽性反応を確認。その後の遺伝子検査で高病原性の疑いが強いことが判明した。
 両県は養鶏場で飼育している全ての鶏を殺処分する作業に入った。半径10キロ圏内の養鶏場に対する鶏や卵の移動制限などの措置も実施。和歌山県は自衛隊の派遣を要請した。 
〔写真説明〕9日開かれた鳥インフルエンザ関係閣僚会議。できるだけ早期に全国の養鶏場で一斉に緊急消毒を実施することや、感染後の迅速な態勢づくりなどについて確認した=首相官邸

(ニュース提供元:時事通信社)