関西電力は11日、テロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の建設遅れなどで、1月から運転を停止している高浜原発3号機(福井県高浜町)の特重施設が完成し、運用を開始したと発表した。特重施設の完成は、九州電力川内原発1号機に続き2例目。
 3号機は12月22日に再稼働が予定されている。しかし、2月に3号機で、11月に高浜原発4号機で蒸気発生器の伝熱管に損傷が確認され、4号機で現在調査が行われている。その状況によっては、3号機の再稼働に影響が出る可能性がある。 

(ニュース提供元:時事通信社)