【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)は11日、ブリュッセルで開いた首脳会議で、2030年までのEUの温室効果ガス削減目標(1990年比)を現行の「40%減」から「55%減」に引き上げることに合意した。50年までに排出量を「実質ゼロ」とする目標の実現につなげる。
 ミシェルEU大統領は合意後、ツイッターで「欧州は気候変動との闘いにおけるリーダーだ」と強調した。
 協議は、ポーランドを中心に化石燃料への依存度の高い東欧の加盟国が、脱炭素化への十分な資金支援の確約を求めるなどして難航。会議初日の10日から断続的に夜を徹して続けられ、11日朝に決着した。 

(ニュース提供元:時事通信社)