【ロンドン時事】英製薬大手アストラゼネカの日本法人は11日、新型コロナウイルスのワクチンを1億2000万回分供給することで日本政府と最終合意したと発表した。日本で実施している臨床試験(治験)の結果も踏まえ、日本の規制当局に承認を申請する考えを示した。
 アストラゼネカは英国などでの治験の結果、平均70%、最高90%の確率で効果を示したと発表している。既に英国などでは承認申請済みだが、日本での承認は欧米に比べて遅れる見通しだ。 
〔写真説明〕英アストラゼネカ社のロゴの前に置かれた新型コロナウイルスワクチンと書かれたラベルが貼られた薬瓶と注射器(AFP時事)

(ニュース提供元:時事通信社)