気象庁は13日、日本付近では14日から冬型の気圧配置が強まり、真冬並みの寒気が流れ込むため、東北の日本海側と北陸の山沿いでは16日ごろまで、長野県北部では17日まで大雪に注意するよう呼び掛けた。海上は波が高くなり、大しけになる恐れがある。
 14日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、東北日本海側の山沿い60センチ、東北太平洋側の山沿い40センチ、東北日本海側の平地と北陸の山沿い30センチ、長野県北部20センチ、東北太平洋側の平地15センチ。その後も降雪量が増える見込み。 

(ニュース提供元:時事通信社)