大阪府の吉村洋文知事は14日午前、大阪市の北区と中央区にある飲食店などに行っている夜9時までの営業時間の短縮要請について、範囲を市内全域に拡大した上で、15日までとしていた期間を29日まで延長する考えを示した。府庁で記者団に語った。
 14日夕方に開催される新型コロナウイルス対策本部会議で正式決定する。吉村知事は「重症病床が逼迫(ひっぱく)している状況を鑑み、感染拡大を防ぐ(ための)より強いお願いをすべきだ。市内全域に広げるべきだ」と述べた。
 府によると、府内の重症病床使用率は13日現在で76.7%。実際に運用可能な重症病床数に限って算出した「運用率」は84.0%となっている。 

(ニュース提供元:時事通信社)