宮崎県は14日、日向市の養鶏場で致死率の高い高病原性とみられる鳥インフルエンザが発生したと発表した。県内で発生が続いており、今年7例目。県は、出荷先の食鳥処理場の鶏を含めて計約5万3000羽を殺処分する。半径10キロ圏内にある養鶏場の鶏や卵の移動を制限する。 

(ニュース提供元:時事通信社)