【イスタンブール時事】トルコ当局は14日までに、イランのスパイが主導したイラン反体制派の活動家拉致に関与した疑いで、イスタンブールなどで少なくとも11人を逮捕した。地元メディアが報じた。活動家は10月、拠点とするスウェーデンからイスタンブールにおびき出され、陸路イランに連れ去られたという。
 この活動家は、イラン南西部アフワズ一帯でアラブ系住民の権利拡大や分離独立を求める反体制派「ASMLA」で指導的立場にあるハビブ・チャアブ氏。イラン政府は11月中旬、アフワズで多数が死傷した2018年9月の軍事パレード襲撃事件など「複数のテロ作戦」に関与した容疑で、イラン情報機関がチャアブ氏を拘束したと発表したが、経緯など詳細は明らかにしていなかった。 

(ニュース提供元:時事通信社)