在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)のウェブサイトにコンピューターウイルスを仕込み、閲覧者のパソコンから情報を盗み取ろうとしたとして、警視庁公安部は15日、不正指令電磁的記録供用未遂容疑で、国外に住む20代の韓国籍の男を書類送検した。公安部は認否を明らかにしていない。
 公安部は、国家的組織が日本の政府機関などの情報を男に入手させようとした疑いもあるとみている。
 送検容疑は2017年4月10日、朝鮮総連のサイトにウイルスを仕掛け、サイトを閲覧した日本の団体職員のパソコンから情報を不正に得ようとした疑い。 

(ニュース提供元:時事通信社)