【シドニー、北京時事】オーストラリア政府は16日、中国が豪州産大麦に高率の関税を上乗せして輸入を制限したのは「根拠を欠いている」として、世界貿易機関(WTO)に提訴した。中国は最近、豪州の主要産品に対して相次ぎ輸入制限措置を導入。豪州は追加の提訴も示唆しており、両国関係は一段と緊迫化する様相を呈してきた。
 ロイター通信によると、WTOの紛争処理手続きに基づき、中国との2国間協議を要請した。バーミンガム貿易相は記者会見で「中国当局は事実や証拠が不足したまま(関税上乗せを)決めた」と批判。豪州の懸念を払拭(ふっしょく)するための話し合いに中国が応じておらず、「独立した審判を求めることが問題解決に最も適切な行動だ」と説明した。
 中国は今年5月、豪州産大麦のダンピング(不当廉売)などを認定し、約80%の関税を上乗せ。豪州の大麦輸出のうち中国向けは5割超と最大だが、高率の関税で輸出が事実上できなくなった。 
〔写真説明〕大麦を手にする豪生産者=5月19日、西オーストラリア州(EPA時事)

(ニュース提供元:時事通信社)