政府は17日、日本海側などで大雪が降ったことを受け、首相官邸で関係閣僚会議を開いた。菅義偉首相は「大雪による交通障害、屋根からの落雪、雪崩に十分警戒し、あらかじめ必要な備えをするようお願いする」と国民に呼び掛けた。
 首相は、大雪で渋滞が発生したことを踏まえ、「立ち往生の解消や巻き込まれた方の健康確保に全力で対応している」と強調。会議では、関係省庁が自治体と連携して対処することを確認した。 
〔写真説明〕大雪に関する関係閣僚会議で発言する菅義偉首相=17日午後、首相官邸

(ニュース提供元:時事通信社)