【ニューヨーク時事】米北東部は16日から17日にかけて大雪に見舞われ、米メディアによると、交通事故などで4人が死亡した。新型コロナウイルス感染が再拡大する中、自宅で過ごす人が多いが、当局は外出を控えるよう住民に呼び掛けた。
 ニューヨーク州ビンガムトンやペンシルベニア州の一部で100センチを超える積雪を観測。ペンシルベニア州では車両数十台が絡む衝突事故が発生し、2人が死亡したほか、別の交通事故で運転手1人が死亡した。さらに除雪車にはねられて1人死亡した。
 ニューヨーク市のセントラルパークでは約25センチの積雪を観測し、昨冬の総積雪量である約12センチを上回った。デブラシオ・ニューヨーク市長は「過去24時間の積雪量は(記録的な大雪だった)2016年1月以来だ」と語った。
 17日午前の時点でニューヨーク、ニュージャージー、コネティカットの3州の計1万戸近くで停電も発生。フライト欠航など交通にも影響が出た。 

(ニュース提供元:時事通信社)