【ニューヨーク時事】米製薬大手ファイザーは17日、米国などで緊急使用許可を受けた新型コロナウイルスのワクチンに関し、「製造に何の問題もなく、出荷が遅延していることもない」との声明を発表した。米国内向けの初回290万回分の出荷が完了したことも明らかにし、一部で浮上していた供給体制への懸念を打ち消した。
 同社は、追加出荷の指示を受けていない数百万回分が保管施設にあると強調。米当局とは毎週、打ち合わせをし、製造や配送能力に関する情報を共有していると説明した。 

(ニュース提供元:時事通信社)