東北地方の日本海側や北陸、関東甲信の山沿いでは18日、降雪が弱まった。しかし、19日から20日に再び冬型の気圧配置が強まって寒気が流入し、大雪になる所がある見込み。気象庁は積雪や路面の凍結による交通の障害に警戒し、雪崩に注意するよう呼び掛けている。
 18日午前8時の積雪は、群馬県みなかみ町(藤原観測点)で1メートル90センチ、新潟県湯沢町で1メートル69センチ、山形県大蔵村で1メートル39センチとなった。
 19日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、東北と北陸40センチ、関東甲信20センチ。その後、20日午前6時までの同降雪量は多い所で、北陸と関東甲信60~80センチ、東北50~70センチ。 

(ニュース提供元:時事通信社)