気象庁は19日、強い寒気と冬型の気圧配置の影響で、北海道から北陸の日本海側を中心に、20日まで大雪が続く所があると発表した。積雪や路面凍結による交通の乱れ、雪崩などに警戒を呼び掛けた。風も強く、海上ではうねりを伴った高波にも十分な注意が必要という。
 19日午後5時までの24時間に、新潟県津南町で61センチ、長野県野沢温泉村で53センチの降雪を観測した。
 20日午後6時までの24時間予想降雪量は、多い所で北陸と関東甲信80センチ、東北60センチ、北海道40センチ。その後、21日午後6時までの同降雪量は北陸と東北30~50センチ、北海道と関東甲信20~40センチ。 

(ニュース提供元:時事通信社)