西村康稔経済再生担当相は21日の記者会見で、28日から来年1月11日まで全国で一時停止する観光支援策「Go To トラベル」について、「年明けのしかるべきタイミングで地域の感染状況を踏まえて適切に判断したい」と述べ、来年初めにも再開の可否を決める方針を示した。「各都道府県知事の判断もあると思うので、緊密に連携したい」とも説明した。
 トラベル事業をめぐり、全国知事会は新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いた地域からの再開を盛り込んだ提言をまとめた。これに関し、西村氏は全国での一時停止は「(感染拡大の)予防的な措置だ」と強調し、状況を見ながら柔軟に対応する姿勢を示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)