西村康稔経済再生担当相と田村憲久厚生労働相は22日、経済・労働団体の代表とテレビ会議を行い、年末年始の新型コロナウイルス感染拡大防止策の徹底を要請した。西村氏は「経済への打撃を小さくするため、企業や店舗が休むこの時期に感染を抑えたい」と説明した。
 西村氏は忘年会や新年会、賀詞交換会、あいさつ回りなどは慎重に実施して「静かな年末年始をお願いしたい」と強調。田村氏は「業態の実情に応じた工夫をし、分散休暇やテレワーク、時差出勤を促進してほしい」と求めた。 

(ニュース提供元:時事通信社)