【サンパウロ時事】南米チリ軍は、南極にある同国のベルナルド・オイギンス基地で新型コロナウイルスの集団感染が確認されたと明らかにした。地元紙テルセラなどが21日報じた。南極での感染例は初めてで、新型コロナは地球の全大陸に到達した。
 PCR検査の結果、男性36人が感染したことが分かった。26人は軍人で、10人は民間人。感染者は南極に近いチリ南部プンタアレナスに移され、隔離されているという。
 感染経路は明らかになっていないが、チリ海軍によると、物資供給や基地のメンテナンスのため艦船が11月27日~12月10日に基地付近に停泊。16日、乗っていた208人のうち3人が新型コロナの陽性反応を示していた。 

(ニュース提供元:時事通信社)