クラレは23日、2018年に米国子会社のプラスチック樹脂工場で発生した火災に伴い外部作業員らが起こした損害賠償訴訟で、一部原告と和解が成立したと発表した。和解金を含めた訴訟関連費用169億円を新たに特別損失として計上し、2020年12月期の連結純損益予想を下方修正した。 

(ニュース提供元:時事通信社)