千葉県は24日、いすみ市の採卵鶏の養鶏場で致死率の高い高病原性とみられる鳥インフルエンザが発生したと発表した。鳥インフルは11月以降、西日本で相次いで発生が確認されているが、東日本では今シーズン初めて。同県は採卵鶏の飼養数で茨城県に次いで全国2位。
 今回の養鶏場は国内最大規模。千葉県は、飼育されている約116万羽すべてを殺処分する。1事例当たりの殺処分数としては全国で過去最多という。早期に処分を終わらせるため、自衛隊に派遣を要請した。
 県は発生地から半径3キロ圏内の養鶏場に対し鶏や卵の移動を、3~10キロ圏内に対しては10キロ圏外への持ち出しをそれぞれ禁じる。 
〔写真説明〕鳥インフルエンザと疑われる事例が見つかったことを受けて開かれた千葉県の対策本部会議。奥左から2人目は指示を出す森田健作知事=24日午前、県庁

(ニュース提供元:時事通信社)