※事前登録者限定のコンテンツです。

2020年12月22日(火)に開催した「2020リスク総括セミナー」のアーカイブ配信です。

 

【内容】

講演1
ローソンの危機管理を振り返る
~BCP、情報セキュリティ、コンプライアンスを統括して~

ローソン
前コンプライアンス・リスク統括室 室長 兼情報セキュリティ統括室 室長
吉田 浩一氏

講演2
感染症対応防護服「タイベック® ソフトウェア」、緊急避難用寝具「タイベック® ソフトウェア ESB」の紹介
旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ 防護服チーム 部長
出口 誠一郎氏

講演3
BCPの事業化に向けた取り組みと今後の展望
~危機管理を会社の価値にする~

丸和運輸機関 代表取締役社長/AZ-COM丸和・支援ネットワーク理事長
和佐見 勝氏

講演4
災害時通信の備えに、“立地に即した通信手段”が必要な理由とは?
テレネット 専務取締役
青山 利之氏

講演5
防災情報の可視化とリアルタイム化によるBCP対応加速
~迅速な被災拠点の把握に向けて~ 

国際航業 防災環境事業部 事業推進部 販売推進担当部長
中川 淳氏

講演6
本社機能のバックアップについて
~いざというときの対応力強化のために~

大阪府・大阪市 副首都推進局総務・企画担当部長
小林 眞澄氏

講演7
2020年に顕在化したリスクと来年の予測
マーシュブローカー ジャパン 取締役会長
平賀 暁氏
 

※事前登録者限定のコンテンツです。

ログインして、次ページでご視聴ください。