国内では26日、46都道府県と空港検疫で新たに3878人の新型コロナウイルス感染者が確認され、4日連続で過去最多となった。うち東京都では、新たに949人の感染が確認され、1日当たりの感染者数が初めて900人を超えた。
 死者は大阪で11人、東京で10人など12都道府県で計47人増え、累計3247人。厚生労働省によると、26日時点の重症者は前日より10人増えて654人となり、過去最多を更新した。
 また、宮城、栃木、滋賀、京都の4府県でも新規感染者が過去最多となった。
 感染拡大が続く東京では、新規感染者のうち、年代別で最多の20代は277人、30代は202人で、合わせて全体の半分を占めている。都の担当者は「この世代が減らなければ全体も減らない。会食などの自粛が行き届いていないのでは」と指摘している。都の基準による重症者は81人で、緊急事態宣言解除後最多の前日と同じだった。 

(ニュース提供元:時事通信社)