【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)が、難航を極めた英国との自由貿易協定(FTA)締結交渉で合意した。初めてEUを離脱する加盟国との新たな関係を構築する交渉は、EUにとって欧州統合の意義を死守する闘いとなった。
 ◇いいとこ取り拒否
 「ついに英離脱問題から離れられる。欧州は前進を続ける」。フォンデアライエン欧州委員長は、2016年の英国民投票に端を発した離脱問題の混迷を決着させた24日の合意後、記者会見で安堵(あんど)の表情を見せた。
 17年に始まった離脱協定や貿易協定をめぐる一連の交渉は、経済や市民への悪影響や、他の加盟国の離脱連鎖を防ぐ「ダメージの抑制」(バルニエEU首席交渉官)が全てだった。
 最も重視したのがEUの「単一市場」の保護だ。単一市場は、さまざまな規制を統一して域内の国境を取り除き、物やサービスの移動の自由を実現する欧州統合の根幹。英国にその「いいとこ取り」を許さぬよう、バルニエ氏は「絶対に妥協しない」と繰り返した。
 EUは特に、英国が補助金や労働、環境などの規制水準を切り下げ、安価で低品質の製品を関税ゼロでEUに輸出して域内の企業が不利になる事態を警戒。関税ゼロを維持する条件として、英国の規制水準をEUに合わせ、公平な競争を保つよう迫った。