国内では27日、46都道府県と空港検疫で2952人の新型コロナウイルス感染者が新たに確認された。3000人を下回ったのは5日ぶり。死者は大阪と兵庫でそれぞれ8人、北海道で7人、埼玉で6人など13道府県で計40人増え、累計3287人。厚生労働省によると、27日時点の重症者は前日から5人増えて659人となり、過去最多を更新した。
 東京都では、新たに708人の感染が確認された。都の基準での重症者は82人。前日より1人増え、緊急事態宣言解除後の最多を更新した。
 都によると、新規感染者は10歳未満から100歳以上まで全ての年代で確認され、20代(183人)、30代(132人)、40代(99人)、50代(93人)と続いた。重症化リスクの高い65歳以上は105人。 

(ニュース提供元:時事通信社)