気象庁は27日、日本列島の上空に30日から強い寒気が流れ込み、日本海側を中心に来年1月1日ごろまで大雪や大荒れになる恐れがあると発表した。交通の障害や吹雪、暴風、高波に警戒が必要という。
 山沿いだけでなく、平地でも所によって大雪になる可能性がある。強い冬型の気圧配置は同2日以降も断続的に続き、日本海側を中心に大雪になる恐れがある。
 年末年始に当たるため、気象庁は早めに除雪などの準備をし、最新の気象・交通情報に注意するよう呼び掛けている。 

(ニュース提供元:時事通信社)