昨年の台風15号の影響で千葉県市原市の住宅などにゴルフ練習場の鉄柱が倒れた問題で、練習場オーナーの代理人弁護士は27日、壊れた住宅などの補償について、全ての住民と和解に合意したと発表した。和解内容などは明らかにしていない。
 代理人弁護士は昨年11月、災害ADR(裁判外紛争解決手続き)を申し立て、住民側と補償について協議していた。 
〔写真説明〕台風15号の影響で、住宅街に覆いかぶさるように倒れたゴルフ練習場のポールとネット=2019年9月9日、千葉県市原市[時事通信ヘリコプターより]

(ニュース提供元:時事通信社)