【上海時事】今年2月、新型コロナウイルスの流行が深刻化していた湖北省武漢市から、インターネットで「虚偽情報」を拡散したとして、上海市の裁判所は28日、公共秩序騒乱罪で元弁護士の女性、張展氏(37)に懲役4年の判決を言い渡した。この日が初公判で、即日判決となった。
 関係者によると、コロナ関連の情報発信をめぐり有罪判決が出るケースは初めて。張氏は市民記者としてインターネット交流サイト(SNS)を通じ、封鎖された武漢から混乱した医療現場の様子や、当局に抑圧された遺族の声などを伝えた。
 5月に上海で拘束され、8月に起訴された。張氏はハンガーストライキを試み、強制的に食事を取らされるなど、かなり衰弱した様子だという。
 世界に先駆けコロナ流行をほぼ抑え込んだと強調する中国政府だが、初動の遅れと情報隠しがパンデミック(世界的流行)につながったとの批判が高まることを警戒。情報統制を強めている。張氏以外に弁護士の陳秋実氏ら数人の市民記者が武漢で消息を絶ち、当局に連れ去られたとみられているが、まだ起訴などの情報は伝わっていない。 
〔写真説明〕28日、香港で、元弁護士で市民記者の張展氏(左上ポスター)らの釈放を訴える民主活動家(AFP時事)

(ニュース提供元:時事通信社)