日本列島は30日、前線を伴う低気圧が通過した影響で、北海道の一部や東北北部で雪、東・西日本では雨が降った。気象庁は来年1月1日にかけて冬型の気圧配置が強まり、上空に強烈な寒気が流れ込むため、日本海側を中心に大雪や吹雪、暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。交通の障害や雪崩、落雪が起きる恐れがある。
 31日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸80センチ、近畿70センチ、中国60センチ、東北と関東甲信50センチ、東海30センチ、四国と九州北部20センチ、九州南部15センチ。
 その後、1月1日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸70~100センチ、東北と近畿60~80センチ、東海と中国50~70センチ、関東甲信20~40センチ、四国と九州北部10~20センチ。
 さらに1月2日午前6時までの24時間予想降雪量は、東北と北陸60~80センチ、関東甲信と東海30~50センチ。
 全国的に風が強くなり、31日にかけて予想される最大瞬間風速は近畿と中国、四国、九州南部、沖縄35メートル、北陸と九州北部、奄美30メートル。海上は大しけになる所があり、北陸から沖縄にかけての波の高さは4~6メートルの見込み。 

(ニュース提供元:時事通信社)