大阪府の吉村洋文知事は4日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い首都圏の4都県が緊急事態宣言を政府に要請したことについて、「副作用が強く、最後の手段。大阪は感染の急拡大が抑えられており、今の段階で要請する考えはない」と話した。府庁で記者団の取材に応じた。
 吉村氏は府内の状況について「医療体制が逼迫(ひっぱく)したまま年末年始に突入したが、大きな機能停止や障害はなかった」と言及。一方で「大阪で同じように(感染者数が)右肩上がりになることは十分考えられる」と話した。 

(ニュース提供元:時事通信社)