神奈川県の黒岩祐治知事は5日、新型コロナウイルスの感染急拡大に伴い、新型コロナ患者を受け入れている県内の病院に対し、緊急ではない入院と手術を1カ月程度延期するよう要請したと発表した。県内のコロナ専用病床の利用率は既に8割を占め、このままのペースで感染が拡大し続けた場合、来月6日ごろには満床に達する見込みのため。
 黒岩知事は「県民の命と地域の医療を守るため必要な対策だ」と述べ、理解と協力を求めた。
 延期要請の対象は59施設。形成手術や良性ポリープなど、比較的軽微な診療や手術を想定している。黒岩知事は、急性疾患やがんなど生命に関わる治療については「受診控えをしないでほしい」と呼び掛けた。 

(ニュース提供元:時事通信社)